チーム

北川 亮

代表取締役

2019年3月にタビュラ株式会社を創業し、代表取締役を務める。それ以前はスタートアップ企業や外資系PR会社で、主に企業広報やコーポレートブランディング業務に従事し、国内外のクライアントに対してサービスを提供した。さらにPR会社在籍時は、ロビイストとしても活動し、海外企業の日本進出における渉外活動を行なった経験も持つ。タビュラでデザインサービスを提供する傍ら、フードデリバリー会社Woltの日本での事業立ち上げを行い、日本進出に向けた調査や主要都市における拡大支援を行った。慶應義塾大学 商学部を卒業。

飯盛 崇

ディレクター

1997年に新卒で富士通株式会社に入社し、SI営業及び人材開発に従事。FUJITSUユニバーシティの立ち上げにも参画。その後2005年に株式会社リクルートへ。HR事業の総合企画および営業に従事し年間売上全社トップや全社表彰(TOP GUN AWARD)等受賞。2010年に退職後、慶應ビジネススクールへ進学し在学中の2011年、同期とともに3社起業。うちヘルスケアSaasの株式会社iCAREを共同創業経営者として6年牽引。現在はスタートアップ向け人材紹介及び創業支援のエックスエージェント株式会社を経営。慶應義塾大学大学院 経営管理研究科修了(MBA)

スティーブン スミス

取締役 兼 デザインディレクター

2019年3月、タビュラ株式会社を共同創業し、デザイン・ディレクターを務める。 インターネット黎明期よりウェブ技術を学び、大学卒業後は英国でシステムエンジニアとしてキャリアをスタートした。その間、ヴァージン・グループ、BNPパリバ、自動車メーカーTVRをはじめとする欧州の大手企業のウェブ関連プロジェクトに携わった。 その後デザインの将来性に惹かれ、英国のウェブ制作会社で、デザイナーとしての活動を開始した。日本には2008年に来日し、フリーランスとしてWebデザインやUI/UXデザインのサービスを提供してきた。その傍ら、スタートアップ企業Planetwayのデザイン責任者 も兼任し、Webデザインの構築や製品のUI/UXデザイン設計を主導した。 英プリマス大学(i-DAT Open Research Lab)を卒業。